ネイル通信講座

HOME » 4.自分に合った職場を探す

4ネイリストの職場はどんなのがあるの?

ネイルの資格を取ると仕事に即活かしたいですよね。資格を取ると自分自身のケアは出来るし、夢も持てます!

1ネイルサロンで働く

ネイリストの主な職場はネイルサロンが1番多いですネイルサロンといってもその形態はさまざまあります。



2エステティックサロンや美容院に併設されたところで働く

高級志向のビューティーサロンではネイルを導入している美容室も多くあります。



3ネイルサロンを開く

初期投資も比較的抑え目でできるネイルの仕事は独立する方も多く、生涯働くことのできる仕事です。



4ネイルを取り扱うメーカーで働く

ネイルの商品開発に携わったり商品の魅力を伝える為デモンストレーションやセールスを行う



5ネイルスクールの講師として働く

プロのネイリストを育てる場所として、ネイリストをそだてます。



6出張ネイリストとして働く

サロンで施術をするのではなくアポイントを取ってお客様の自宅や職場に出向いてネイルの施術を行う。



7派遣ネイルスタッフとして働く

派遣外車に所属しサロンや美容施設それだけではなくイベント会場、クラブや百貨店に派遣されてネイルを行う。



8写真の撮影スタッフやテレビやcmなど撮影所などでモデルや芸能人のネイルを行う

こちらはネイルとメイクやヘアも担当する事も多くハードルは高い。



9アーティストやタレント芸能人などの専属ネイリストになる

こちらはタレント本人からの信頼がとても重要で大変な仕事ではあるがアーティストのツアーや撮影に同行しスタッフの一員となる。



気になるネイリストの収入

ネイルサロンに就職した場合の収入は、初任給で15~20万円ほど。OLと比べると月収は低めですが、その分キャリアアップは早いです。

実際施術に入るようになれば、指名手当などももらえるので、頑張れば頑張った分だけ、お給料に反映されるのも嬉しいところ。経験を積んで店長になれば、月収は30~40万円ほどと、ぐんとアップします。早いと3ヶ月で店長になる人もいるそうですよ!

夢のプライベートサロンは低コストで実現

ネイルの仕事を目指す上で、憧れるのがプライベートサロン
やはりいずれは自分のサロンを持ちたいものですよね。自宅サロンなら用具込みで30~50万円ほどで開業できると言われています。

20代前半のオーナーが多いのは、初期費用の負担が少ないからなんですね。その上、経費もさほどかからないことから、開業後の最低月収目安は100万円とも言われています。

好きなことを仕事にして、これだけ稼げればこんなに幸せなことはないですよね。育児をしながらでも続けられるし、歳を取っても自分の手で稼いでいける、まさにネイルは一生ものの技術です。